地域・観光

京都で混雑を避けて観光するコツ|混雑する時期と場所

更新日:

京都は外国人観光客がかなり多く、日本の他府県からも多くの観光客が来るので、観光地に行くとうんざりするぐらい混雑してますし、車で移動しようと思うとほぼ必ず渋滞に巻き込まれます。

駐車場も観光地の近くにある駐車場は入るのに数十分待ちや料金もかなり割高になっているところが多いです。

地元民である私「京都マイスター」が心がけてる混雑を避けるコツや混雑する時期や場所を書いていこうと思います。

京都の混雑する時期は

京都市が発表した平成27年の観光客宿泊数のグラフです。

一番宿泊数が多い10月を100%とした各月の割合です。

京都が一番混雑する時期は紅葉の時期の11月中旬から12月初旬が一番混雑します。

この時期は大型バスが多数京都に来るので、道路も観光地もびっくりするぐらい混雑します。

次に混雑するのが桜の時期の3月下旬から4月中旬。

宿泊数と観光地の混雑ぐあいを比べると少しずれていますが、日帰り観光客などを含めると上記の時期が混雑しています。

京都の混雑を避けるコツ

手っ取り早く混雑を避けるには、真冬の1月~2月もしくは梅雨時期の6月がどこも比較的空いています。

特に1月~2月の京都は底冷えするので、かなり寒く地元民でも出かけるのに躊躇するぐらい寒いです・・・
(もともと寒い地域の方ならあまり気にならないかもしれませんが)

とは言っても混雑しているのが分かっていても京都の紅葉や桜を見たい!って人も多いと思うので、その時期の混雑を避けるコツを書いていきます。

なるべく市バスは使わない

自家用車以外で京都に来る場合、夜行バス・新幹線・JRなどほとんどの交通機関の発着点になっているのでほとんどの人が京都駅に着くと思います。

京都駅から観光地に向かう場合ガイドブックなどには地下鉄や市バスの利用するような書き方をしていることが多いですが、市バスはできるだけ使うのは避けた方がいいです。

理由として

  • 京都駅から市バスに乗る際、かなり混雑しているので乗るだけで30分以上かかることがある。
  • 観光地に行く路線は道路が渋滞しているので、到着するのにかなり時間がかかる。
  • 車内がめちゃくちゃ混雑しているので、不快。

などの理由があるので、観光地を回るスケジュールを組んでいるのであればほぼ思い通りに予定通りに進まないと思います。

少しお金はかかりますが、複数人で観光するなら地下鉄で最寄りの駅まで行きそこからタクシーで移動するほうがかなり時間短縮できます。

できるだけ地下鉄を使う

市バスと違いかなり混雑していても地下鉄は1回で乗れないことはほぼありません。

京都の地下鉄は延着もほとんどないので、ほぼ予定通りに目的地に着くことができます。

ただし、京都を十字に結んだ路線しかないので、駅と目的地がかなり離れていることが多いのがデメリットですが。

地下鉄の駅から目的地まで歩ける距離なら歩く、歩くと30分以上かかるような目的地ならタクシーを使うのをおすすめします。

駅から目的地へは市バスを使う方法ありますが、京都駅でなければ乗るのに30分かかるようなことはないので、利用するのもいいですが観光地行きはかなり混雑していて、道路も渋滞しているのであまりおすすめしません。

京都の観光地に自家用車で行く場合

京都の観光地に自家用車で行く場合は、素直にナビに従って向かうとほぼ100%渋滞に巻き込まれ、駐車場もいっぱいで入れないなんてこも多いです。

自家用車で観光地に行く時に混雑・渋滞を避けるコツは

  • 大通りを1本ずらす
  • 駐車場は手前に入れて少し歩く

この2点を行うだけでかなり快適に観光地を回れます。

大通りを1本ずらす

京都は南北と東西に走る道路が交差する碁盤の目のような道路になっています。

なので、北に向かう場合、東もしくは西に1本ずらしても北には向えます。
(一部の道路では、行けない場合もありますが)

例えば京都駅から二条城へ向かう場合、ナビは青いルートを選ぶことが多いと思いますが、この道路結構渋滞します。
(4車線あるので全く動かないことはないですが)

それを一旦西へ1本ずらすとかなり空いている道路から北へ向かい二条城付近から元の道路に戻ると言った感じのルートを取ると比較的空いている道路を走ることができます。

駐車場は手前に入れて少し歩く

観光地付近の駐車場はかなり混雑します。

歩いて10分圏内であれば目的地の観光地付近で駐車場を探して、少し歩いた方が早く目的地に着けることが多いです。

京都 駐車場 空き情報」で検索すると京都市営駐車場やリパーク・タイムスなどの駐車場情報が見ることができるので、前日などにリサーチしておくのもいいですし、当日近くに行ってから空いている駐車場を探すのもおすすめです。

まとめ

年々京都の混雑はひどくなっているので、用事のため観光地の近くをとおるだけでもうんざりするぐらい渋滞や人が混雑しています。

そんな中少しでも混雑を避けて目的地に行く方法でした。

まとめると

  • なるべく混雑している時期をずらす
  • 公共交通機関を使うならバスは避ける
  • 自家用車なら道路をずらす・少し手前の駐車場に入れる

という事です。

なかなか「そうは言われても・・・」的なこともありますが、頭の片隅に置いておくだけでも効率よく観光ができるようになると思います。

あわせて読みたい記事



-地域・観光
-

Copyright© ミセニアス , 2018 All Rights Reserved.