電子タバコ

ブルートゥース付IQOS互換機FyHit CS BOX登場!性能や販売店は?

更新日:

2018年2月末にFyHit CS Penが人気のCigGo社から新しいIQOS互換機「FyHit CS BOX(ファイヒットシーエスボックス)」が発売されました。

このFyHit CS BOXにはなんとBluetoothの機能が付いており、スマホと接続して専用のアプリを使って加熱温度などの設定をすることができます!

FyHit CS BOXのスペック

価格2,490円(Amazon)
サイズ89.95×43×24.6mm
バッテリー2200mAh
18650リチウムイオン電池
温度範囲175℃-240℃
抵抗値0.6ohm-0.7ohm
保証期間3ヶ月

FyHit CS BOXの価格と販売店は?

FyHit CS BOXの大手通販サイトでの販売価格をチェックしてみたところ、

Amazonでの販売価格は税込2,490円で、楽天市場では税込6,980円でした。

購入するならAmazonが断然お得ですね。

また本体カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色が用意されています。

取り外し&交換可能なバッテリー

FyHit CS BOXのバッテリーは取り外しが可能で、他の18650規格のバッテリーと交換も可能だそうです。

予備のバッテリーを用意しておけば交換してすぐに使用できるので、長時間の外出などで充電できない場合でも便利ですね

18650バッテリーはAmazonや楽天市場でも購入できますのでぜひ合わせてチェックしてみてください。

FyHit CS BOXの使い方

ヒートスティックを差し込み電源をONにします。

電源スイッチ横のLEDが赤く点滅して加熱が開始され、設定した加熱温度に達するとLEDが青色に点灯して吸引の準備が完了です。

約5分が経過すると自動的に加熱が停止しスタンバイモードになります。

専用アプリの登録と設定

FyHit CS BOXはBluetoothでスマホと接続して専用のアプリを使い(※アプリはiOS・Android共に対応)加熱温度やパフ回数、バイブ機能のオンオフなどを管理することができます。

初めて接続するときにはアプリのアカウント登録やペアリング設定が必要です。

アプリの設定は少し複雑に感じるかもしれませんが、だいたいの流れをまとめるとこのような感じです。

  1. まずはパッケージのQRコードをスキャンしてアプリをダウンロード&インストール。
  2. FyHit CS BOXを起動し、スマホのBluetoothの設定をONにしておく。
  3. アプリを開いてアカウントを新規作成。
  4. アプリの画面で使用する製品(FyHit CS BOX)などを選択して設定すれば接続完了。
あわせて読みたい記事
加熱式タバコIQOS互換機【ACE(エース)】の性能は?最安値情報も!

加熱式タバコ「ACE(エース)」は2018年9月に発売のIQOS互換機でEFOS E1の後継機です。 高性能で話題のACEの特徴や販売店、最安値など気になるあれこれを調べてみました。 公式サイトをCh ...

続きを見る

【IQOS互換機】FyHit CS Penの特徴やメリットデメリット

今回は優れたデザイン性とチェーンスモーク可能なIQOS互換機として話題になっている 「FyHit CS Pen(ファイヒットシーエスペン)」について調べてみました。 【HERBSTICK CS NEW ...

続きを見る

アイコス互換機の最新おすすめ8選!2018年の人気商品を比較

EFOSやiBuddyなどのIQOS互換機が今人気を集めていますが、IQOS互換機を使うメリットとしては、 価格の安さ メンテナンスの手軽さ 味わい(加熱ムラの改善) バッテリーの持ち デザイン性や耐 ...

続きを見る

-電子タバコ
-

Copyright© ミセニアス , 2019 All Rights Reserved.