電子タバコ

【iSMOKE】超軽量コンパクトなIQOS互換機アイスモークの魅力とは

更新日:

IQOSユーザーの方、IQOS互換機ユーザーの方注目の新商品情報です。

2018年2月5日(月)、iSMOKE株式会社からシンプルさを追求した軽量コンパクトなIQOS互換機「iSMOKE(アイスモーク)」が発売されました。

iSMOKE公式オンラインショップ

アイスモークはバッテリーが一体になっているため1本吸うごとにホルダーをチャージャーに入れて充電する必要がなく、連続して喫煙することが可能です。

またアイスモークの重量は約30gと大変軽く、手のひらや胸ポケットに収まるほどのコンパクトサイズで持ち運びに便利です。

電源のオンオフやバッテリーの残量確認がボタン1つで簡単に使えるシンプルな操作性で、IQOSやIQOS互換機、他の加熱式たばこからの乗り換えはもちろん、加熱式たばこを初めて使用する方にもおすすめです。

そんなシンプルかつコンパクトな今注目のIQOS互換機アイスモークの特徴や使い方などをリサーチしてみました!

iSMOKE(アイスモーク)の特徴

Point
1
軽量&コンパクト

アイスモーク本体の重さはなんとたったの30g!

全長94mmの軽くてコンパクトなボディは胸ポケットやポーチなどにも収めやすく、外出時の持ち歩きにとても便利です。

Point
2
ボタン1つのシンプル操作

アイスモークの使い方はとてもシンプルで、本体にたばこスティックを挿し込んでスイッチを入れれば準備完了です。

電源のオンオフに加熱、バッテリーの残量確認までボタン1つで簡単に操作することができます。

また予熱時間が10秒ととても速く、待ち時間が少ないのもポイントです。

Point
3
お手頃価格

アイスモークは7,800円(税抜)とアイコスに比べてリーズナブルな販売価格も魅力です。

また公式オンラインショップでは、購入時に追加料金を支払うことで保証期間を1年間に延長することができるプランも用意されています。

詳細はこちらの公式オンラインショップをチェックしてみてください。

⇒ iSMOKE公式オンラインショップ

iSMOKE(アイスモーク)のキット内容と使い方

ここではアイスモークの操作方法やクリーニングについて、簡単なレビューも交えながらご紹介したいと思います。

アイスモークのキット内容

まず箱を開けて中身を確認すると、

■iSMOKE 本体
■USBケーブル
■クリーニングブラシ
■取扱説明書(+保証書)

が入っていました。

アイスモークの本体カラーはブラックとシャンパンゴールドの2種類ありますが、私がゲットしたのはブラックです。

ツヤの無いマットなカラーが良いですね。(画像を見るとシャンパンゴールドの方はたぶんツヤ有りっぽい?)

ちなみにこちらは並行輸入品ではなく正規品なので取扱説明書はちゃんと日本語で書かれていました。

アイスモーク本体の重量はたった30gで、実際に手に持ってみるとその軽さとコンパクトさに本当に驚きます。

本家アイコスのホルダーは20gとアイスモークよりも少しだけ軽いんですが、その分チャージャーが100gと結構重いのでトータルで考えるとやっぱりアイスモークはめっちゃ軽いです。

iSMOKE公式オンラインショップ

アイスモークの基本的な使い方

その1 電源のオンオフ

電源ボタンを2秒間に5回連続して押すと、下部のライトが5回点滅して電源オンの状態になります。

電源を切るときも同様に電源ボタンを2秒間に5回連続して押すと、下部のライトが5回点滅して電源オフの状態になります。

その2 ヒートスティックの加熱

アイスモークにはアイコス専用の「マルボロヒートスティック」を使用します。

ヒートスティックをさし込み、電源ボタン部分のランプが点くまで電源ボタンを長押しします。

予熱時間は10秒間で、予熱中は電源ボタン部分のランプが点滅します。

予熱が終わると電源ボタン部分のランプが点灯し、準備完了です。

アイスモークの加熱ブレードは棒状になっており、ブレードが板状のアイコスに対して加熱ムラが少ないというメリットがあります。

その3 ヒートスティックを取り除く

吸い終わったらまずはヒートスティックをフタごと外し、続けてフタからヒートスティックを取り出します。

横着をしてフタを外さずに引き抜こうとすると、ブレードにささっている部分が残ったまま取れなくなって結局余計に面倒くさいことになるので注意です。

………………………………

続けて吸う場合は新しいヒートスティックをセットします。

連続して使っていると結構熱くなる(特にフタの部分)ので、その場合は少し冷ましてから使ったほうが良いそうです。

フル充電の状態からの喫煙可能本数は最大13本とのことです。

iSMOKE公式オンラインショップ

アイスモークの充電方法

充電ケーブルの差し込み口はアイスモーク本体の底面にあります。コネクタの規格はマイクロUSBのBタイプのようですね。

そこに付属のUSBケーブルを差し込み、パソコンやACアダプタとつないで充電します。ちなみに私は手持ちのスマホの充電アダプタを使いました。

満充電までにかかる時間は約90分程度です。

バッテリー残量の確認

待機状態(電源が入っていて加熱していない状態)のときに電源ボタンを1回押すと電池残量表示ライトが約1秒間点灯し、そのときに光るライトの数でバッテリーのだいたいの残量を知ることができます。

ライトが1個の場合残量は10~30%、2個の場合は30~70%、3個の場合は70~100%だそうです。

アイスモークのクリーニング

まずは本体からフタを取り外します。

付属のクリーニングブラシを使って本体の加熱ブレード周りとフタを掃除します。

こちらのクリーニングは約20本吸うごとに行うと良いそうです。

参考綿棒とエタノールを使ったクリーニング

付属のブラシだけでは細かいところまで届かないので、どうしても取り除ききれない汚れが溜まってしまうことも考えられます。

その場合は市販の綿棒(ベビー用の先が細いものが使いやすい)と無水エタノールを使ってクリーニングするのが良さそうかなと思います。

あまり強くゴシゴシやりすぎると加熱ブレードが曲がったり折れてしまうことも考えられるので力加減には注意してください。

また最近では電子タバコのクリーニング用に最初からエタノールを染み込ませてある綿棒も売っていて、Amazonなどで購入することができます。

※こちらの綿棒を使ったクリーニング方法は公式で推奨されている方法ではないので試される場合は自己責任でお願いしますm(__)m

iSMOKE(アイスモーク)のメリットとデメリット

私が実際に使用してみて感じたアイスモークのメリットデメリットを簡単にまとめてみました。

まずはデメリットがこちら。
・吸引時間が短い(3分間)
・電源のオンオフの操作がちょっとだけ面倒くさい(電源ボタンを2秒間に5回連続して押す)

アイスモークの吸引時間は3分とアイコスや他のIQOS互換機に比べて短めです。

正直ちょっと物足りないというか、もったいないなという感じがします。

あとシンプルさが魅力である反面、人によってはもっと重厚感や高級感が欲しいと感じるかもしれませんね。

まあそれを補って余りあるメリットとして、
・とにかく軽い
・コンパクト
・チェーンスモーク可能
・操作が簡単
という点が挙げられます。

アイスモーク本体の重さはたったの30gと数あるIQOS互換機の中でも群を抜いており、軽量コンパクトで持ち歩きやすいというのがアイスモークを使う上で1番のメリットではないかと思います。

軽さやコンパクトさを重視する方、余計な機能の無いシンプルなIQOS互換機をお探しの方には断然アイスモークがおすすめです。

iSMOKE公式オンラインショップ

iSMOKE(アイスモーク)の通販最安値と販売店は?

アイスモークは公式オンラインショップの他に楽天市場やAmazonなどの大手通販サイトで購入することができます。

気になったのでそれぞれの最安値と販売価格を調べてみたところ以下の通りでした。

公式ショップ

 

 

税込8,424円

楽天市場

 

 

税込8,424円
(※2018年3月26日現在の価格)

Amazon

 

 

税込8,580円
(※2018年3月26日現在の価格)

アイスモークの最安値は公式と楽天!

というわけで調べてみた結果、わずかな差ではありますが1番安く購入できるのは公式オンラインショップと楽天市場でした!

楽天市場では正規輸入品と並行輸入品のどちらが届くのかパッと見わかりづらいことも多いですし、保証についてもしっかりと記載のある公式オンラインショップで購入するのがおすすめです。

また公式オンラインショップでは、購入時に追加料金を支払えば保証期間を1年間に延長することができるプランも用意されており、万が一の故障の場合にも備えることができて安心ですよ。

iSMOKE公式オンラインショップ

iSMOKE(アイスモーク)とIQOS(アイコス)のスペック比較

 

価格 8,424円 10,980円
ホルダー 一体型 分離型
カラー ・ブラック
・シャンパンゴールド
・WHITE(ホワイト)
・NAVY(ネイビー)
サイズ 94mm×
23mm×
18mm
・チャージャー
111mm×
50mm×
15mm
・ホルダー
94mm×
14mm
重量 30g ・チャージャー
100g
・ホルダー
20g
バッテリー 650mAh 2900mAh
吸引時間 3分 6分
連続使用 ×
充電時間 約90 ・チャージャー 約90分
・ホルダー 約4分
保証期間 1ヶ月
※延長プラン有
6ヶ月

アイスモークのバッテリー容量は650mAhで、フル充電の状態からの喫煙可能本数は最大13本です。

バッテリーとホルダーが一体なのでアイコスのように1本吸うごとにホルダーを充電する手間がなく、連続して喫煙することが可能です。

またアイスモークのメーカー保証は1ヶ月間ですが、iSMOKE公式オンラインショップでは注文時に税込2,700円の加入料を追加で支払えば保証期間を1年間に延長することが可能です。

1年保証の詳細はこちらの公式オンラインショップで確認することができます。

iSMOKE公式オンラインショップ

まとめ

アイスモークのコンパクトさと軽さはIQOS互換機の中では群を抜いていますね。

またそれに伴って無駄を省いたシンプルな構造になっており、主な操作はボタン1つで行う電源のオンオフと加熱だけです。

他のIQOS互換機のよくあるバイブ通知機能や加熱温度の調整機能などの凝った機能は付いていませんが、逆にそれがアイスモークの魅力とも言えるのではないでしょうか。

軽量でコンパクトなIQOS互換機をお探しの方や、シンプルなスタイルがお好きな方はぜひ1度アイスモークをチェックしてみてください!

iSMOKE公式オンラインショップ

あわせて読みたい記事

IQOS互換機のAmazon楽天ほか通販おすすめ人気商品6選

EFOSやiBuddyなどのIQOS互換機が今人気を集めていますが、IQOS互換機を使うメリットとしては、 ・価格の安さ ・メンテナンスの手軽さ ・味わい(加熱ムラの改善) ・バッテリーの持ち ・デザ ...

続きを見る

IQOS互換機EFOS E1の性能を口コミレビュー比較【イーフォス】

昨年2017年末に発売され注目を集めている「EFOS E1(イーフォス)」 EFOS E1はIQOS(アイコス)用のマールボロ・ヒートスティックを吸うことができる加熱式タバコのIQOS互換機です。 I ...

続きを見る

Wand2.8|Amazonで人気のIQOS互換機最安値と性能の比較

Amazonで人気のIQOS互換機「Wand2.8」は、約2時間の充電で連続18本吸える大容量バッテリーが特徴です。 またWand2.8はバッテリーとホルダーが一体型なので、IQOSのように1本ごとに ...

続きを見る

-電子タバコ
-,

Copyright© 買ってよかった・人気のアイテム大全集 , 2018 All Rights Reserved.