生活

絶対NGの結婚の顔合わせ服装とは!?実は知らないうちにやっちゃってるかも!?

投稿日:




結婚する気持ちが固まり、お互いの親に報告を済ませた後は、結婚式の準備のために、着々と進んで行くわけですが、親同士の顔合わせを結婚式前にセッティングするのは良いことですね。

よほどお互いの実家が離れていて、簡単に顔合わせできないのなら仕方ないですが、これから親戚同士の付き合いが始まるのですから、結婚式の前に挨拶を済ませたいと思うはずです。

でも、親同士の顔合わせはお見合いでもないし、結納でもないし、どこまでフォーマルな行事なのかわからなくて服装選びに困ってしまう人が多いようです。

顔合わせの雰囲気を壊さないための服装マナーについてまとめています。

超基本だけどやっちゃってるかも!?結婚の両親顔合わせでNGな服装マナーとは

お互いの両親にそれぞれが挨拶を済ませている場合は、初対面ではないのであまり堅苦しく考える必要はないと思ってカジュアルな服装にしてしまうのはNGです。

お互いの親は初対面だからこそ顔合わせの席をセッティングしたのですから、親はきちんとした服装を選ぶでしょう。

自分たちがカジュアルなのに、親はスーツや着物で並んでいればアンバランスで奇妙なグループに見えて浮いてしまいます。

両家顔合わせは結婚に関する1つのセレモニーだと考えて、服装を考えるのがマナーだと思います。

基本としては、自分の親と相談して、親子のバランスを保つことが大切です。

そしてもう1つの注意点は、彼(彼女)とも相談して服装のバランスを考えます。

もしも2人で話し合った結果、緊張しないためにも気軽な感じで顔合わせを演出したいという場合は、キレイめカジュアルにして、いかにもフォーマルな服装じゃなくても大丈夫です。

どれほど気軽な雰囲気を作りたいと思っていても、ジーンズにスニーカーにTシャツみたいなのはやめましょう。

女性は白や淡い色のブラウスやカットソーをトップスに、ひざ丈くらいのスカート、もしくは紺色ベースのワンピースが無難です。

スカートはタイトではなく、フレアやAラインがおすすめです。

ワンピースもボディラインにフィットしたものは避けましょう。

男性はスーツにネクタイが無難ですが、ノーネクタイの場合でもジャケットは必要です。

双方の服装がアンバランスにならないように、事前に打ち合わせをするのがポイントです。

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大切

結婚前の両親の顔合わせは、どんな場所を選ぶのがベストでしょうか。

一般的には、ホテルの中にあるレストランを選ぶ人が多いようです。

もしも遠方からわざわざ顔合わせのために来てもらった場合は、交通アクセスの良いところを選びたいので、駅や空港へのアクセスの良いホテルのレストランがおすすめです。

ゆっくりとお話する時間を作りたいのなら、料亭のお座敷を予約できればリラックスできるでしょう。

その会場の雰囲気を事前にチェックできるなら、服装やメイクもその雰囲気に溶け込むものを選びましょう。

料亭など和の空間であれば、和装も良いですね。

和装の場合は普段用の着物ではなく、訪問着か付け下げなら間違いないと思います。

振袖はお見合いや結納ならいいですが、顔合わせの食事会には浮いてしまうので、振袖しかないのなら洋服を選んだ方が良いですね。

両家の顔合わせの場所や時間は誰が決める?

両親の顔合わせの席を設ける時期は、結婚式の半年くらい前がベストです。

あまり早過ぎても、結婚式まで時間が空き過ぎてしまうし、近すぎてもすぐに結婚式なので意味がありません。

合う日時については、結婚式や結納とは違うので、大安など縁起の良い日にこだわり過ぎなくても良いでしょう。

双方の親のスケジュールも考えなくてはいけないので、そこまで日柄にこだわると予定が組めません。

場所や時間は自分たち二人で話し合って決めれば良いのですが、夜よりも昼前後の時間帯がおすすめです。

夜の時間帯しか都合がつかない場合は別に構いませんが、夜の食事は帰りの時間があわただしくなると困ります。

日帰りが難しく、宿泊する場合なら夜でも構わないでしょう。

最後に、食事会の費用は両家で折半するのが基本です。

あらかじめ予約して予算がわかっている場合は、それも打ち合わせておきましょう。

まとめ

 結婚が決まった後は、両親の顔合わせの他にも考えなければいけないことが山ほどあります。

顔合わせはサクッと済ませておきたいかも知れませんが、1つの大切なイベントなのできちんとした服装で、良い印象と良い記憶を残せる会にしてください。

-生活

Copyright© ミセニアス , 2019 All Rights Reserved.