観光

2017年 京都嵐山・花灯路 おすすめのルートと見どころ【ライトアップ】

投稿日:

10年以上も前から行われている嵐山のライトアップイベント「京都・花灯路」

2017年は

12月8日(金)~12月17日(日)、午後5時30分から午後8時30分

までライトアップが行われます。

大きな見どころとして、「嵐山モンキーパーク」があるいわた山が色鮮やかに染まる光景を渡月橋から見るスポットと嵐山で有名な「竹林の小径」の竹林がライトアップされるスポットです。


どちらもかなりの人がいるのでかなり混雑しますが、一度は見ておいた方がいい観光スポットです。

この2ヶ所以外にも「常寂光寺」付近や「長神の社」付近もライトアップまではいきませんが、道沿いに灯篭が並べられているのでゆっくり回るのもいいと思います。

これらの場所以外にも実はもう一カ所見どころがあり、それは阪急嵐山駅近くの「法輪寺」というお寺です。

【おすすめスポット】法輪寺もライトアップ

この法輪寺ですが、「嵯峨の虚空蔵(こくうぞう)さん」の愛称で親しまれていて、全国では珍しい電気関係事業の発展と無事安全も祈願されています。

電気関係はこの電電宮と呼ばれるお社があり、そこで電力、電気、電波、電子等あらゆる電気関係事業の発展と無事故安全を祈願します。

また、もう一つ変わっているのが、お守りがSDカードになっているところです。

この法輪寺も花灯路の時期はライトアップされ、2015年に行った時はプロジェクションマッピングによるライトアップがされていました。

境内から渡月橋や嵐山の夜景を見ることができるので、おすすめのスポットです。

おすすめのルートは?

嵐山に行くのに電車を使う場合、

  • JR嵯峨野線
  • 嵐電
  • 阪急嵐山線

のどれかになりますが、おすすめは「阪急嵐山線」です。

阪急嵐山駅もライトアップされ、レトロな光に包まれた嵐山駅はかなりきれいです。

JRに比べて比較的人も少ないのもおすすめポイントです。

阪急嵐山駅からまず法輪寺を目指し、法輪寺から渡月橋→竹林の小径→常寂光寺を経て、JR嵯峨野線の北側から帰るルートを取れば行ったり来たりせずに一筆書きで回ってくることができます。

まとめ

嵐山は市内に比べると数度気温が低いので防寒対策はしっかりとしていきましょう。

あと、屋台はほとんど出ていないので現地で何かをつまんだりはできないので注意してください。

中之島公園付近に日帰り温泉「風風の湯」があるので、阪急嵐山駅を使うなら冷えた体を日帰り温泉で温めて帰ってもいいかもしれませんね。

風風の湯 詳しい情報はこちら
https://www.hotespa.net/spa/fufu/

 

-観光
-, ,

Copyright© 買ってよかった・人気のアイテム大全集 , 2018 All Rights Reserved.