生活

台風とハリケーンとサイクロンの違いは?実は発生する場所で呼び名が変わります

投稿日:




台風の時期になるとよくニュースで「台風○号が本州に上陸しました」なんてよく聞くようになりますが、アメリカや東南アジアでは台風○号とは呼ばないのしていました?

アメリカでは「ハリケーン」、東南アジアでは「サイクロン」と呼ばれ実は台風が存在する場所によって台風・ハリケーン・サイクロンと呼び方が変わるんです!

その呼び方が変わる地域や場所などを詳しくまとめてみました。

台風は東経180度より西の熱帯低気圧

台風

台風と呼ばれるのは東経180度より西の太平洋と南シナ海付近で存在している熱帯低気圧のことを指します。

台風には毎号名前が付いており、その順番も決まっています。

詳しくはこちら

台風の名前の決め方の一覧|実は次の台風の名前はもう決まってます!?

日本では、台風何号と言う表記が多いので台風の名前をあまり呼ばないため、アメリカのように「カトリーナ」や「カレン」などの名前で呼ばれることはあまりありませんが、実はアジア・日本でも台風に名前が付いていて ...

続きを見る

ハリケーンは西経180度より東と北大西洋付近

ハリケーン

ハリケーンと呼ばれるのは北大西洋・カリブ海・メキシコ湾と西経180度よりも東の太平洋に存在している熱帯低気圧のことを指します。

ただし、ハリケーンと呼ばれるのは最大風速が32.7m/s以上のもだけです。

最大風速が32.6m/s以下の熱帯低気圧はトロピカルストームやシビアトロピカルストームなどと呼ばれます。

サイクロンはベンガル湾から北インド洋

サイクロン

サイクロンはベンガル湾から北インド洋付近に存在している熱帯低気圧を指します。

台風と熱帯低気圧の違い

台風と熱帯低気圧の大きな違いは最大風速です。

最大風速が17.2m/s(34ノット)以上のもを台風と呼び、それ以下のものを熱帯低気圧と呼びます。

また、最大風速が大きくなるにつれて強さの呼び名が付きます。

呼び名最大風速
強い33m/s以上
非常に強い44m/s以上
猛烈な54m/s以上

台風からハリケーンに変わることも

極稀に太平洋北西部で発生したハリケーンなどが西経180度を超え、台風のエリアに侵入することがあります。

こうなった場合、発生はハリケーンですが台風のエリアに入った時点で台風という呼び名に変わります。

まとめ

簡単にまとめると

日本付近で発生している熱帯低気圧は台風、アメリカ付近で発生している熱帯低気圧はハリケーンと覚えておいてもほぼ間違いが無いと思います。

サイクロンはオーストラリア・東南アジア・インド東岸付近と覚えておけば大丈夫です。

-生活
-

Copyright© ミセニアス , 2019 All Rights Reserved.